2017.06.01 Thursday

一句一遊/5月

0

    JUGEMテーマ:俳句

     

    ▽「菓」:(水曜日)そして東京から参加、まどんの一句
    ◇生菓子のほろほろ崩れ走り梅雨 東京・まどん

     

    *今回は(金曜日)との‘’大きな差‘’が少しわかったような気がします。

    金曜日のひそかさんのお句を引用させていただきます。

     

    そしてNPO東温俳句部・ひそかの一句です。
    ◇喪返しの菓子ほろほろと春尽きぬ  ひそか
    「ほろほろ」しいうのはね、確か水曜日あたりにも確か二句かそこらあったかと思うんですけれども、この句の巧さは「喪返しの菓子」である、お葬式のお返しですよね。喪返しの気持ちの心理も「ほろほろ」という言葉で描かれているという感じになります。「春尽きぬ」というこの季語も春の愁い、晩春の春の愁いですね。

     

    ▽「清和」:(木曜日)■まどんから凄いお便りが来てるんですよ
    「組長!中国北京に住んでいたときに、清明節」これも季語ですね「清明節に何をしていたかなあと記憶を辿っていたら、親しくしていた中国人が実家に帰ると言うので一緒に行き、家に泊めていただいたことを思い出しました。地名がすぐに思い出せないんですが、北京から電車で一日がかりで行った田舎。家のトイレは、便所と豚小屋が一体化した豚便所でした。人の気配を察してすぐに豚が来るので「しっしー」と払いながら大変でした」と。
    凄いねえ、君ぃ〜一体何カ国行っとんや、まどんこれ〜・・こんな一句もあります

    ◇豚便所豚のより来る天清和  まどん/(ひろみちゃん再び爆笑)いやもう、この迫力に圧倒されて・・

     

     

     

    ▽「朱欒の花」:(月曜日)そしいて、まどんからも来てます「朱欒の花はインド東部原産とあり、友人のサリーを着させてもらったことを思い出しました。この人いったいどれだけの国を巡ってるんでしょうねえ。どんな兼題が出てもどこそこの国へ行ったときって話しが必ず出てきますねえ。ええそんな一句です
    ◇花朱欒借りたサリーの海の色  まどん
     おお〜きれいですねえ、これなんか堂々水曜日以上って言う感じの句、なんで月曜日に読むんだよって言うところかもしれませんが

     

    ▽「アイスティー」:ボツ〜

     

    ▽「夢」:ボツ(確実)

     

    ※聞き書き隊の皆さま、いつもどうもありがとうございます!

     

     

     

     

    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    PR
    まどん日々是好日(2014.4~2015.7)
    http://shashin-haiku.info/blog/5850
    moon
    Live Moon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM