2015.12.06 Sunday

初しぐれ猿も小蓑をほしげ也

0
    JUGEMテーマ:俳句




    〇初しぐれ猿も小蓑をほしげ也(はつしぐれさるもこみのをほしげなり)松尾芭蕉(1644-1694)
    季語:初時雨(冬)(蓮華寺、東京都中野区)

    字がほとんど読めない。「ほ」くらいーーー
    芭蕉が「おくのほそ道」の旅を終え、伊勢から故郷「伊賀上野」へ向かう山中で詠む。『猿蓑』の巻頭の句。46歳の作品。
    手持ちの歳時記の季語「初時雨」の「名句鑑賞」にあり、「伊賀山中を歩みゆく寂しさと猿を見いだしての親しみとがこの季語に託されている」(新日本大歳時記)という。「初しぐれ」と平仮名で書くとやさしい感じがする。
    句碑のある蓮華寺には、哲学堂を創った井上円了(東洋大学創設者)の墓碑があり、中野区の文化財になっている。
    哲学堂公園は通りをはさんだ向かい。


    蓮華寺は新青梅街道と中野通りの交差点にある



     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    PR
    まどん日々是好日(2014.4~2015.7)
    http://shashin-haiku.info/blog/5850
    moon
    Live Moon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM