<< 春の句 | main | 火取虫 >>
2017.05.06 Saturday

マタイ伝

0

     

    伊吹嶺HP俳句会4月投句分の結果(選外)です。渡辺慢房先生、全句への講評いつもどうもありがとうございます!

     

    111 花冷の胸のつかへにマタイ伝

     薬か何かのキャッチコピーのように思えてしまいました。


    *本当にそうでした(苦笑)

    ちょうど探して読んだのは「空の鳥を見るがよい」からはじまるマタイによる福音書6章26節から。

    「明日のことは思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労はその日だけで十分である」

     

    112 春の旅玻璃にひとひら乗せて行く  

     何をひとひら乗せるのでしょうか?

     

    *弟の車に乗ったとき花吹雪で、その一片が自動車のフロントガラスについていたのです。

    →「花の旅窓にひとひら乗せて行く」にしました。

     

     

    2年ぶりに咲いてくれました〜☆

    2017.05.30 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      没句にも きちんと修正してUPする態度は、
      見習いたいですね・・みなとは(^_^;)

      サボテンは、数年前に白い綺麗な花が咲き
      喜んで居ましたら それ以後全く咲きません。
      子供のさぼてんが 次から次生まれて居るからでしょう・・
      団子状態で数えたら 40個以上のサボテンの子供が付いて居ます。
      それも良いかと諦めて居ます (苦笑)
      • みなと
      • 2017.05.06 Saturday 12:38
      ☆みなとさん、こんばんは!コメントどうもありがとうございます!
      ボツだからどうしようかと思っていたのですが、「マタイ伝」の渡辺先生の
      講評が的を得ていて自分でおかしくなってしまい残しておこうと思いました(^^ゞ
      みなとさんのサボテン、子供のサボテンが団子状態?!40個以上?
      え〜〜品種はなんでしょう、スゴイ!
      今度ぜひ見せてくださいね。家のは胴長に上に伸びています。
      • まどん
      • 2017.05.06 Saturday 21:37
      玻璃という言葉が素敵です。私も使ってみたくなりました。長く生きている分、言葉はいろいろ知っているつもりでしたが、存外、決まりきった言葉しか使えていないところがあるようで、なかなか俳句に応用できません。嘆かわしいことです(*_*;

      まどんさんの素敵なお句を、五月の伊吹嶺HP俳句会で拝見できますことを楽しみにしております。
      • 嵩美
      • 2017.05.06 Saturday 22:12
      ☆嵩美さん、コメントどうもありがとうございます!
      「玻璃」という言葉、素敵ですよね。
      俳句で知って、使ってみたくて使ってみましたが
      使い慣れていないので浮いてしまうのでしょうね。
      伊吹嶺、嵩美さんはもう投句済まされましたか。
      締切すぐきてしまいますね。私も嵩美さんのお句をまた楽しみにしています!
      • まどん
      • 2017.05.08 Monday 00:20
      まどんさん、「花冷」 まどんさんのお句だったのですね!
      マタイ伝 この下五に「心」を引きこまれました。

      昔々、私はマタイ伝福音書第6章25節 野の百合 をシスターに説いて貰った事があります。
      我が名前に関連してのようでした。
      また、門限を破ったからのお説教のようでした。(笑い!)
      今日は「マタイ伝」の事で、お話したくなり訪問いたしました。
      追伸 私宅は浄土宗なんですが〜
      • 百合かがり
      • 2017.05.08 Monday 13:44
      ☆百合かがりさん、こんばんは!
      コメントを拝見して、百合かがりさんが同級生のような、そんな思いになりました。
      私もその昔、学校にシスターが大勢いて、週一回、シスターが聖書を教える
      「宗教」の授業がありました。
      このマタイの「野の百合」の箇所の讃美歌「ごらんよ空の鳥」がいまも大好きです。
      そうそう、シスターには「静かにしなさい!」「横に広がって歩かない!」と
      よく叱られました(笑)
      コメントどうもありがとうございました!
      追伸。百合かがりさんの「薄暑」のブログでお話ししたいことがあり、鍵つきで
      コメントさせていただきますね。
      • まどん
      • 2017.05.08 Monday 21:46
      まどんさん、おはようございます!
      拙俳句への素敵な深い鑑賞、して頂き有難うございます。
      気が付くのが遅いし、天然気味の古希過ぎの人やと思い!堪忍して下さいね。(笑い)
      (夕遍路) (採血) (円グラフ)そして(マタイ伝)(たかちゃん母上の事))等々、本当に嬉しくなりました。
      私はお母様より1歳下のようです。

      「伊吹嶺」俳句サイト 昨年の10月から始めました。
      私のような句にも丁寧なご講評を下さるので、いつも感謝しています。
      年金暮らしや夫の体調の事など、年齢なりに様々な事情がありますが、俳句出来ることが幸せ、と思いボチボチ可能な限り続けたいと思っている私です。

      たかちゃんお母様に宜しく!(もしかしたら?OL時代に梅田近辺とか、阪急電車とかですれ違っていたかと〜!!)
      • 百合かがり
      • 2017.05.09 Tuesday 10:18
      どうもご無沙汰です。
      マンボウ先生あいかわらず辛辣ですなぁ&#12336;花の旅に直した句ならオーケーだったかも☆
      ところで杉山先生からお便りありましたか?お忙しいのでしょうか?

      • 青萄
      • 2017.05.09 Tuesday 20:09
      ☆百合かがりさん、こんばんは!お返事どうもありがとうございます!
      たかちゃん、万が一でもご縁があればと思ってお話しさせていただきました。
      そうですね!すれ違っているかもしれませんね!
      百合かがりさんやみなとさんのように、
      たかちゃんもブログができればいいのですが・・パソコンアレルギーがどうもあるようです。
      これから蒸し暑くなったりしますね。
      だんなさまも百合かがりさんもくれぐれも体調にお気を付けくださいね。
      • まどん
      • 2017.05.09 Tuesday 23:17
      ☆青萄さん、こんばんは!
      実は・・青萄さんにメールでお聞きしようか、でも、するまでもないかと
      思っていました。
      杉山先生に提出した2句ともにどう考えてもダメダメな句だったので
      今回はボツだと、ご連絡がないのはそのせいかと思っていました。
      でも、青萄さんにもお便りがないというのは・・・連休をはさんでやはりお忙しかった
      のでしょうか・・
      「勝てもせぬが敗けたくもなし恋の猫」
      この微妙な感情!いまなら「ま、いっか」とすごすご引き帰りそうですが
      若いときはこういう気持ちあったかも!と思いました。
      青萄さんはどうだったのだろう??とも思いました。
      「恋猫」の句は「銀太」もそうですが、読んでいて楽しいですね。
      青萄さん、身体中痛いとありましたが、、大丈夫ですか。「泣きながら歩く」なんて
      無理は禁物です。痛みが続くようであれば、お医者さんにも診てもらってくださいね。
      • まどん
      • 2017.05.09 Tuesday 23:55
      こんばんはー
      杉山先生よりメールありました、来週くらいになりそうですね。
      気長に待ちましょう(笑)痛くても散歩はできます、年取るとアチコチ痛くなるんですよね、アハハ、嘆かわしいことよ、ではでは

      • 青萄
      • 2017.05.11 Thursday 22:46
      ☆青萄さん、お早うございます!
      そうでしたか!ご連絡がとれてよかったです。どうも有り難うございます!
      散歩しなければいけないのは私のほうです。体が重い〜膝が痛い〜(^^;
      • まどん
      • 2017.05.12 Friday 09:34

      まどんさん こんばんは!
      一句一遊見ましたよ(≧∀≦)
      さすが色々な経験をされているから
      素晴らしい俳句が詠めるのですね!
      この頃まどんさんのお名前毎日見ている気がします\(^o^)/
      スゴい!!
      • 幸江
      • 2017.05.12 Friday 21:14
      こんばんは!
      みなとも 若い頃カトリック教会に通って居ました。
      子供達二人は、旭川の天使幼稚園に入園して居ました。

      主人が、天理教で・・・本日協会のボランテアでした。
      サボテンUPしましたから
      お暇な時に 見て下さいませ(._.)
      • みなと
      • 2017.05.12 Friday 22:08
      ☆幸江さん、こんばんは!どうもありがとうございます!
      今週の一句一遊、「清和」でしたね。
      苦しまぎれの一句でしたが・・
      実は、ちょっとごっちゃになっていたところがあって、
      「清和」(夏の季語)と「清明」(春の季語)よく理解しないまま投句していました。
      よくわからない季語はちゃんと調べないとだめですね。
      お恥ずかしい限りです(>_<)

      • まどん
      • 2017.05.12 Friday 23:54
      ☆みなとさん、どうもありがとうございます!
      みなとさんも教会通われていたのですね。
      小さいときは行くともらえる飴とかお菓子につられていました(^^ゞ
      今日はきっと同じ時間帯にみなとさんもわたしもコメントをしていたのでしょうね。
      子沢山のサボテンもうびっくりでした〜みなとさん宅の居心地さぞいいのでしょう。
      写真に目を奪われてしまって、あらためてお句を読み直すと
      >げぢげぢが空足踏まむ夕厨
      「空足を踏む」の意味を調べて、げぢげぢのおかしい姿が目に浮かびましたよ!
      で、「げぢげぢ」で夏の季語なんですね。目にしたくはないですが、
      伊豆の厠とか浴室にいそうです(>_<)
      • まどん
      • 2017.05.13 Saturday 00:19
      コメントする








       
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
      PR
      まどん日々是好日(2014.4~2015.7)
      http://shashin-haiku.info/blog/5850
      moon
      Live Moon
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM