<< 振り子時計 | main | 菜の花 >>
2017.04.21 Friday

家桜

0

    JUGEMテーマ:俳句

     

     

    〇家桜失くして母は泣きました

    2017.06.05 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      こんばんは!
      桜・・老木になったので
      切ってしまったのでしょうね。
      お母様が大事に為さっていたのでしょう。。。
      心が痛みます・・

      我が家の桜は、老木で花は余り尽きません。
      みなとの手入れが悪いのです(^_^;)

      • みなと
      • 2017.04.22 Saturday 22:10
      ☆みなとさん、こんにちは!
      母へのお気遣いを申し訳ないくらい、実は「泣いた」のはわたしです。
      家でもお花見を!と思い、苗で買ってきたのが
      みるみるうちに大きくなり、見事に咲いてくれました。
      でも狭い庭、隣にまでおおいかぶさるようになってしまい、
      近所に迷惑だからと母が切らせてしまいました。仕方のないことですね・・
      みなとさんのお庭にも桜があるのですね。
      毎年咲いてくれるだけで嬉しいですね。
      咲くのはゴールデンウイークあたりでしょうか。
      コメントどうもありがとうございました(*^^*)
      • まどん
      • 2017.04.23 Sunday 14:28
      恥ずかしながら、「家桜」という言葉を初めて知りました。
      読んで字のごとくの意味のようですが、掛ける気持ちの重さには歴然とした違いがあるのかもしれませんね。「失くす」という言葉をお使いになったところに、そんなお気持ちが如実に表れていると思いました。

      「桜」でこれ!といった句は、なかなか詠めずにおります。
      • 嵩美
      • 2017.04.23 Sunday 20:29
      こんばんは。
      苗からの桜・みるみる大きくなり立派な花を咲かせていたのでしょうね。
      それまでには笑った日泣いた日、桜と共に過ごしてきたのでしよう。
      お母様の想い、まどんさんの想いがとても伝わる
      素晴らしいお句です。
      • 幸江
      • 2017.04.23 Sunday 22:01
      嵩美さん、お早うございます!
      伊吹嶺おめでとうございます!!
      海やカモメは寺山修司に何かしら関連があるのでしょうか。
      寺山修司の本は大学時代に「書を捨てよ、町へ出よう」の一冊しか読んだことがなく、
      歌人だったことを知ったのも俳句をしてからで最近でした。
      これから知りたい人のひとりです。
      忌日を詠むということは嵩美さんがお好きな人なのかなあと思いました。
      「家桜」は夏井いつき先生の「絶滅寸前季語辞典」にあり、俳句にしたいと
      思っていました。大変嬉しいコメントどうもありがとうございます!!!
      • まどん
      • 2017.04.24 Monday 09:21
      ☆幸江さん、お早うございます!どうもありがとうございます!!!
      桜は15年以上ありました。本当に笑ったり、泣いたり、、、
      桜には共に過ごしたいろんな思いでが重なりますね。
      いま実家に戻ると切り株だけで
      2、3年前までは切り株の脇から枝があり、生命力はすごいな!と
      嬉しくなっていたのですが、今年はその脇の枝さえも枯れてなくなっていました。
      母はいま植木鉢オンンリーです(^^ゞ
      • まどん
      • 2017.04.24 Monday 09:45
      まどんさん、こんにちわ!
      「家桜 我家もありましたが、虫が湧き、掃除も大変なので伐りました。夫も私も
      娘三人も泣きました。その後、お酒を降りかけて(ごめんね!)でした。
      その桜の切り株に「猿の腰掛け」が出来て喜んだこともありました。

      今日は(たかちゃん母上)とまどんさんと私と娘の同じ気持ちになり訪問しました。
      いつもご活躍、見ております。
      • 百合かがり
      • 2017.04.25 Tuesday 09:51
      ☆百合かがりさん、ご訪問どうもありがとうございます!
      百合かがりさんのお宅もそうでいらっしゃいましたか・・・
      お酒、わたしも「ごめんね」の気持ちをこめてあげればよかった。
      切り株から猿の腰掛!!お酒のいい匂いがしたのでしょうかね!
      家桜への想いが同じで、お言葉とても嬉しかったです。
      追伸。たかちゃん、桜(山桜かな)の盆栽、今年二年目も綺麗に咲かせておりました。
      • まどん
      • 2017.04.26 Wednesday 09:59
      コメントする








       
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      まどん日々是好日(2014.4~2015.7)
      http://shashin-haiku.info/blog/5850
      moon
      Live Moon
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM