2017.06.02 Friday

和清の天

0

    JUGEMテーマ:俳句

     

    現代俳句協会インターネット俳句会5月投句分の結果です。

     

    *選句したのは以下の5句です〜

     

    248 母の髪ゆるく束ねて若葉風(幸江さん)

    母の髪をゆるく束ねてあげる作者の手がやさしく、きらきらとした若葉風が親子を包んでいくように思いました。

    迷うことなく選びました!

     

    265 母の日の母しか読めぬ父のメモ(田村洋々さん)

    「母しか読めぬ父のメモ」からご両親の関係が見えてきます。どんなメモが書いてあったのでしょう。

    (私の親は逆のパターンで、母のほうがきついクセ字でとても共感できました)

     

    788 君の背に恋の草矢を放ちけり(洋平さん)

    季語は「草矢」で夏。蘆などの葉を裂いて、指にはさんで矢のように飛ばす遊び。一読して、好きな子にかぎって、

    いたずらしたくなる小学男子を思い浮かべましたが、「恋の草矢」とあると、年齢的にもう少し上に、

    そうなると「恋の草矢」は象徴的に使われているのかもしれません。

     

    919 花は葉にウルトラマンの首の皺(伏兎さん)

    「首の皺」がリアルにみえておもしろい。ウルトラマンもお疲れのおとしです。

     

    926 三四郎それから門へ五月祭(林六茶さん)

    昨年は夏目漱石の没後100年、今年は生誕150年。さまざまな特集が組まれていますが、

    漱石の三部作の本のタイトルを並べてこんな一句ができるという新鮮。

    「五月祭(ごがつさい)」は母校の毎年5月、東京大学の本郷・弥生キャンパスで開催される学園祭を指している

    のでしょう。漱石、好きではないけれど、読み返してみようかな。

     

     

     

    *拙句は以下の3句で、0点でした〜

    〇この傷は神のいたづら和清の天

    〇さみだるる留守電に話そうとして

    〇人力車の走る走る薄暑光

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    PR
    まどん日々是好日(2014.4~2015.7)
    http://shashin-haiku.info/blog/5850
    moon
    Live Moon
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM